名選手名監督にあらず

2012.11.09

REALLIFE
は地域で最も上質なサロンを創りたい方を全力でサポートする会社です。

11月12日(月)のそこにしかない上質サロンの創り方 熊本講習会の時間と場所の案内です。


時間 13時~18時くらい 


場所 haisai ARTIZAN 熊本市南坪井7-16 緒続ビル2F



「カッコ良い(認められる)経営者」をテーマに経営者の仕事、考え方について書いていこうと思います。


あくまで私の思ってることなので、ご了承ください。



「名選手名監督にあらず」


よくスポーツの世界で使われる言葉です。

現役時代のスター選手が監督になっても、その現役時代のような結果を監督として結果が残せないということです。

これ、美容師の世界でも似てないですか?

現在、サロンオーナーさんの多くは、雇われ時代トップスタイリストだった方だと思います。

トップスタイリストだった人が意気揚々と独立をして、スタッフを雇ったけど、自分以外のスタッフの売上が思ったように上がらない。

だから店の売上が伸び悩んでる。

こんな悩みを持ってないですか?

トップスタイリストの方は、いわば名選手(個人能力が高い方)なんです。

自分ができるから、スタッフにもできると思って、説明不足になってしまうこと、多くないですか?

自分のできたコトをそのレベルでスタッフができると思っていませんか?

なかなかできませんよ。

みんなができないことができたから、雇われ時代トップスタイリストだったんですから!

みんな同じようにできたら、雇われ時代もトップになれてないんです。

経営者になったら、まずそのことを理解する必要があると思います。

自分にできる(できた)ことが、誰にでもできるとは限らない!


人を雇った時点で、「美容師」ではなく「経営者」にならなければいけないんです。

スタイリストとして現場に立ってたとしても、プレイングマネージャーとして「経営者」にならないといけないんです。

選手でなく、監督(フロント)の考えを持たなければ、いけないんです。

選手の考え、良い成績を残すために個人能力の向上です。

監督の考え、チームの勝利です。(サロンの繁栄)

経営者になったら個人ではなく、サロン全体を見ないといけないんです。

そうするには

選手の考えを棄てること!!!

です。

名選手ほど、選手の考えを棄てれないんです。

ですが、名監督になるには棄てなければいけないんです。

スタイリストの能力を上げるのは、選手の考えです。

経営者はサロン全体の繁栄することを考えないといけないんです。

個人の能力を上げることも絶対に必要です。

ですが、個人能力に頼ってる経営では短期で繁栄できても長期繁栄は難しいんです。

しかも、売上が上がらないのはスタッフの能力が乏しいんではなく、経営者の能力が乏しいと考えなくてはダメなんです。  

< 結論 >

・経営者になったら、選手ではなく監督としての考えに変えること(選手の考えを棄てる)


・経営者の仕事は、長期繁栄サロンを創ること(チームの勝利)


・売上が上がらないのは、スタッフの責任ではなく、経営者の責任 

カッコ良い(認められる)経営者になるのは大変です。。。

こんな偉そうなブログを書きながら、自分に気合を入れてます。






近々の講習会です。



熊本講習会 11月12日(月) 残り4名


大阪講習会 11月26日(月) 空きあり


東京講習会 12月4日(火)  空きあり


詳細は下記の講習案内を見てください

お問合せ先 reallife0814@gmail.com


担当  河合 知起

Facebook
で友達も募集してますので、よろしくお願いします。

経営にお悩みの美容師さん、是非見てください。

そこにしかない部屋

 ↓↓↓

そこにしかない上質サロンの仕組みの部屋

経営に関する部屋

 ↓↓↓

新価値とその仕組みの部屋

客単価、再来率を上げたい、スタッフによる売上の差をなくしたい、サロンをブランディングしたいと思ってるオーナーさん、独立を考えてる美容師さんには、ヒントになると思いますので下記の講習案内をご覧ください

↓ ↓ ↓

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内



全国のそこにしかない上質サロン

ということでAかBをお選びください。

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

ほんブログ村

B



にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ

にほんブログ村

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

美容室・美容院のコンサルティング RealLife

大阪市城東区関目3-15-1 リトルレイク5(1F) 【地図

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□