直営サロンを出店した理由 2

2012.08.16

直営サロンを出店した理由 2

出店しようと思っても私は美容師じゃないんです。

まあその時直営サロンを出店したいなって気持ちはありましたが、そんな具体的に考えてたわけではありません。

ただ、ナカ(直営サロンgluckの店長)との出会いがあって具体的なイメージができてきました。

当時ナカは美容師になって10年チョットのキャリアがありましたが、ちょうどその時、いろいろ悩みがあったみたいなんです。

同郷の子でもあり、妹の友達なので昔から知ってる子でした。

で、たまたま髪質改善ヘアエステの講習会のモデルに来てもらったんです。

その後に焼肉を奢らされいろいろ話を聞いてたんです。

で、髪質改善ヘアエステのモデルになってその良さを感じてる時に、私の考える理想の美容室の話をしたんです。

現状に悩みを持ってる美容師、理想を実現(試したい)したいと思ってる私、何時の間にか出店という話の流れになってました。

私は、ナカのスタイリストとしての力量なんか知りません。

というか、そんなことはあんまり気にもしてませんでした。

私が考えてる理想のサロンを実現するには、技術レベルが高くないと実現できないというモノではないからです!

しかも、特別能力の高いスタイリストで成功しても、それはモデルサロンとして意味を成さないと思ってましたから!

ナカには失礼なコトかもしれないけど、素直でマジメな子なら誰でも成果は出る!

という自信もありました。

話してるうちに、ナカなら任せられると思ったんですから、ナカは素直でマジメなんでしょう。。
ということにしときます。

私は美容師ではないので、現場はナカに完全に任せるという決断をしました。

ですが、店の考え方や在り方、仕組みについては完全に私の考えを理解してもらうために、とことん話をしました。

店のコンセプトシートの作成。

まず、コレを創ります。

店の方向性、在り方、考え方などがブレないためには絶対に必要だと思ってます。

チョット話がズレますので中身の話はまた書きます。

で、オープンして4ヶ月くらいで、新しい仲間のウッチー(内田)が加わりました。

で、1年後の年末に嬉しいコトを言ってくれたんです。

つづく。。

ということでAかBをお選びください。

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村
B
にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村

ただ、

iPhoneからの投稿