美容室と地域性

2012.07.24

皆さん、私がどこに住んでるかわかりますか?


にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

B
にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村


そこにしかない上質サロンの創り方講習会のご案内

そこにしかない上質サロンの創り方東京講習会です。
今から新幹線で東京に向かいます。

photo:01



大阪名物新世界元祖串かつだるまのロースカツサンド。

大阪の朝の電車に乗るコトがなかったのですが、人が多いのにうんざりしました。

大阪も都会なんやなって改めて感じました。

私は今は、大阪市城東区というところに住んでます。

ですが、出身は福井県の小浜市というところです。

そう、オバマ大統領で微妙に話題になった小浜市です。

あっ、別に自分の自己紹介がしたいわけではありません。

今日は美容室における地域性の話をしようと思います。

あくまで私個人の持論です。

よく美容師さんと話をすると、
「この地域の人は◯◯やから、お金使わないんですよ!」

こんなふうにを聞くコトがあります。

もちろん地域性がまったくないとは言いません。

ですが、月に何千人も集客が必要な大型サロンなら別ですが、月に500人以下のサロンなら地域性はあまり関係ないと思います。

だって、知らない人を見て、この人◯◯区に住んでる人やってわかりますか??

わからないですよね~!
私はまったくわかりません。

それは地域性ではなく、そういう人が来る美容室なんですよ!

立ち飲み屋には仕事帰りのおっちゃんが、居酒屋チェーン店には若い人達が、オシャレなダイニングバーには付き合い出したカップルが、寿司屋には同伴前のスケベな男とキャバクラのねーちゃんが。。

イメージできるでしょ!

どこの地域でもそれほど違いはありません。

地域性ではなく美容室のポジショニングなんですよ!

もし地域性があるとしたら、そこで出店しようと決めたのはのは、誰ですか??

自分で決めたんなら、地域性をとやかく言うより、その地域で繁栄する方法を考えるべきです!

あくまで私個人の持論なんで、御了承ください。


にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

B
にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ
にほんブログ村



そこにしかない上質サロンの創り方講習会のご案内

iPhoneからの投稿

iPhoneからの投稿