売上の考え方

2010.09.17

「売上」はサロンにとって、いや、商売をするにあたって絶対に必要なモノです。

当たり前のことです。

 

売上の考え方、作り方について深く考えてみたいと思います。

 

売上とは、

「売上」  =  「単価」  ×  「客数」  ×  「回数」   

こういう公式になると思います。

 


あるコンサルタントの人が言ってました。

「単価」・「客数」・「回数」 このすべてを10%アップするとどうなるかご存知ですか?

1.1 × 1.1 × 1.1 = 1.331   

33%アップするんです。

「どれかを30%上げるのは難しいですが、すべてを10%ずつ上げるとなると、できそうでしょ?」

って!そんな簡単にはできません!!!  




今のこのご時世で、簡単に数字を当てはめて売上なんか上がりません!!

 

しっかりとした理念の基に、経営戦略があり戦術があって・・・



そんな難しい話は置いといて、「売上」を上げるために皆さんはどこに重点を置いて考えてますか??


「単価」? 「客数」? 「回数」?


私が一番目にするのは「客数」です。


まずはお店に来てもらわないと始まらないって、「○○キャンペーン」 これは客数を増やすために単価を下げてますよね?


次回来店時に使えるクーポン券です。  これは回数を増やすために単価を下げてますよね?



間違いとは言わないですが、よく考えてください。


客数 は誰が決めますか?   そう、お客様です。


回数 は誰が決めますか?   これもお客様です。


唯一サロン側が決めれるモノってなんですか?


そう「単価」です!

 

「単価」 こそサロンが一番重要視しないといけないモノなんです!



次回はその単価について書きます。  なるべく早く。。。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

美容室・美容院のコンサルティング RealLife

大阪市城東区関目3-15-1 リトルレイク5(1F) 【地図

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□