チラシは手書きの方が良いの??

2013.04.06

繁栄サロンを創るための経営講習会を開催しています。
・客単価1万円以上
・リピート率95%
・次回予約90%
上記のノウハウをお伝えします。興味があれば下記の講習案内をご覧ください。
  
 
   ↓ ↓ ↓

photo:01


今日は森でした。

あるコトで資料を集めたところ4件中1件が手書きの資料を送ってきたらしいです。

で、1番響いたのがその手書きの資料だったらしいです。

読んでて相手の気持が伝わったみたいなんです。

gluckのチラシは手書きです。しかも2ヶ月に1回スタッフが頑張って作ってます。(丸投げ)

1人でも多くのお客さまに自分たちの想いを伝えようと頑張って作ってます。

凄いことです。。

ただ、だから手書きが良くって、活字が悪いってわけではないんですよね。

手書きなのか活字なのかはあくまで手段なんです。

目的は相手に伝える(伝わる)ということなんですよね。

ここを間違えると本末転倒です。

手書きが良いのかどうか?

30年くらい前なら手書きが当たり前だったように思います。(あまり知らないけど)

ですが、パソコンの普及、携帯電話からのメールの普及で、一気に手書き離れになりました。

超アナログなボクでさえ、こうやってパソコンでブログを書くということをしてます。

もともと下手な字が今はもっと下手になってますし、書こうと思っても漢字が出てきません。。

そんなことはどうでもいいのですが、要は相手に伝えたいコトを伝わる方法で伝えてるのかってことです。

伝えたいコトがあっても、知ってもらわなければ始まらないんです。

内容やサービスがどんなに良いモノでも伝わらなかったら何もないのと同じなんです。

手紙をもらった時に手書きと活字だったらどちらが想いを伝えやすいかってことです。

今はDM、資料、チラシ、メール、パソコン、SNSなどなど、どこもかしこも活字です。

そんな中に手書きのチラシや手紙ってのが目立つんです。

4件のうち1件が手書き。

これで他の3件と分かれるんです。

3件の活字の資料と1件の手書きの資料

逆なら逆の分けられ方です。

まずは希少価値による選ばれ方です。

で、次は読んでみて手書きというのは相手の想いが伝わりやすいんです。

懐かしさや新鮮さがあるんだと思います。

手書きチラシの特長
・希少価値
・懐かしさや新鮮さ
・インパクト

手書きチラシはこれらがあるから伝わりやすいのかなって思います。

だからといってすべて手書きが良いわけではありません!!

データなどの数字なんかは手書きより活字の方が優れてると思います。

gluckのチラシは表は手書き、裏は活字のパターンが多いです。

メニューや価格、サロン情報などは解りやすい方がいいので活字で書く場合が多いです。

想いを伝えるには手書き
情報を伝えるには活字

こんなふうに分けてます。

どちらが良いというのではなく、伝わるための工夫が必要なんじゃないかと思います。

手書きが良いのではなく、伝えたいことを伝わる方法で伝えてるってコトが本質です。

ただチラシと作れば良いというのではなく、本質を考えて伝わる工夫が必要かと思いました。

そこにしかない朝礼は、うちのスタッフがどう思ってるかわかりませんが、すごく気付きがあるんですよ。

凄く勉強させられる話題が結構でてくるんですよね。

しかもボクがブログのネタに困った時にすごく役立つんです。(笑)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

長期繁栄するための講習会

4月、5月、6月の講習会のご案内
東京講習会                  
  4月2日(火)
  5月7日(火)
  6月4日(火)
大阪講習会            
  4月29日(月)
  5月27日(月)
  6月24日(月)
名古屋講習会    
  4月15日(月)

詳細は下記の講習案内をご覧ください
お問合せ先 reallife0814@gmail.com 
担当  河合 知起 

Facebookにメッセージして頂いても大丈夫です。

客単価、リピート率を上げたいスタッフによる売り上げの差をなくしたいサロンをブランド化したいなどとお考えのサロンオーナーさん、独立を考えてる美容師さんにはヒントになると思いますので興味をお持ちであれば下記の講習案内をご覧ください。

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内

全国のそこにしかない上質サロン

Facebookでの部屋はこちら
 
↓↓↓
そこにしかない上質サロンの部屋 

REAL LIFE
(リアルライフ)は「そこにしかない上質サロン」という考えで、長期繁栄サロンを創りたいという美容師さんを全力で経営サポートする会社です。
  ↑ ↑ ↑
(ホームページを見てみたいと思った方は、上記の会社名をクリックしてください)