プロフェッショナル

2013.01.21

photo:01

到着した時間が15時くらいの中途半端な時間だったので、どこへも行けず、ホテルで洋画を観るという贅沢な沖縄スタートです。。

夜には、講習会の講師の森さん家族、講習会に参加してくれる大城さん家族、沖縄初の髪質改善ヘアエステサロンTi-munの津波さんも合流しての経営談義。

写真がありません。。


で、皆さん帰った後に、前回沖縄に来たときに行った寿司屋に行ってみたら閉まってました。

日曜の国際通りは閑散としてました。

1月ですからね。。

photo:02

せっかくなので、BARにでも行ってみようと探してたら、

「泡盛のカクテルあります」手看板が。。

これって「選ぶ理由」になりますよね!

って、なったから入ったんです。

中に入ったら、感じの良い空間だったんですが、案の定カップルばかりなんです。。

まあ、当たり前ですよね。。

photo:03


そこで、一人寂しく泡盛のカクテルを頼んで飲んでたんです。

1杯飲んで帰ろうと思ってたら、バーテンダーの方が話しかけてくれたんです。

まずはたわいのない話をしてたんですが、ボクの性格上あれやこれやと素朴な疑問を質問してたんです。

そのバーテンダーさんは、丁寧に応えてくれました。

カクテルの大会ってどんな基準で決めるの?

そんな味って違うモノなん?

っていろいろ質問してたんです。

カクテルの世界大会の話とか、考え方などを聞いてて思ったんですが、美容師と同じなんですよね!

各地で講習会なんかが行われてて、休みの日に参加するとか、
師匠や先輩にカクテルのレシピや考え方などを教わったり。

しっかりとした考えを持ったバーテンダーさんだったんですが、なんと25歳なんです。

若いのに、カクテルへの考え方、将来のビジョンが明確なんです。

素晴らしい!!

バーテンダーも美容師も技術だけでなく、お客さまと接してる時間が長いですよね。

技術が上手いだけでなく、お客さまの心理状態を考えないといけないってところなんか、共通点が多いなって思ってました。

美容師もバーテンダーも職人じゃダメなんですよ!

「私に合うカクテル作ってください!」って言われることもあるらしいです。

美容師さんも同じことありますよね。

技術だけでなく、お客さまの要望を的確に把握する能力も必要なんです。

あとは、
「◯◯がお好きって聞いたんで、△△をベースに今の旬の▲▲を入れたカクテルです!」
って必ず説明するみたいです。

なぜこうしたかって説明することで、お客さまへの伝わり方が全然違うんですよね。

これも美容師と同じじゃないですか?

すごく共通する部分が多くて勉強になりました。

あと、1番印象に残った言葉がこれです。

「大会で上位に入賞する人のカクテルは一般受けする味なんですよ!」

っていうんです。

やはりお客さまに支持されるってことが1番みたいです。

これも美容師と同じだと思います。

美容師もバーテンダーも、職人じゃダメってことですね!

楽しい時間を過ごせました。

「サービスの質」 に満足しました。

で、今年の12月の那覇マラソンに一緒に参加する約束もしました。(笑)

これって、このBARにまた「行く理由」になってますよね?

長期繁栄するサロンを創るには

・「選ばれる理由」
・「サービスの質」
・「また行く理由」

この3つすべて必要なんです。

無理矢理かな。。

さあ講習会頑張ってきま~す!

1月、2月、3月の講習会のご案内

東京講習会  
    
     2月5日(火)
    
     3月4日(火)

大阪講習会
  
     1月28日(月)
 
     2月25日(月)
  
     3月25日(月)

沖縄講習会
   
     1月21日(月)

熊本講習会
    未定

詳細は下記の講習案内をご覧ください

お問合せ先 reallife0814@gmail.com
 

担当  河合 知起


客単価、リピート率を上げたい
スタッフによる売り上げの差をなくしたい
サロンをブランド化したい


などとお考えのサロンオーナーさん、独立を考えてる美容師さんにはヒントになると思いますので興味をお持ちであれば下記の講習案内をご覧ください。

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内

全国のそこにしかない上質サロン


Facebookでの部屋はこちら

 ↓↓↓

そこにしかない上質サロンの部屋