美容室経営者の仕事

2013.01.09

REALLIFE
(リアルライフ)

「そこにしかない上質サロン」という考えで長期繁栄サロンを創りたいという美容師さんを全力で経営サポートする会社です。 


↑↑↑


(ホームページを見てみたいと思った方は、上の会社名をクリックしてください)

長期繁栄サロンを創るための講習会をしています。


・客単価を1万円以上

・リピート率97%

・次回予約90%以上


上記のノウハウをお伝えします。興味があればみてください


↓ ↓ ↓

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内


Facebook
で友達も募集してますので、よろしくお願いします。

ダンディー坂野はCMの本数が三浦春馬らと並んで男性ランキング6位(8社)らしいです。

で、インタビューでいいコト言ってました。


「他人の悪口を言わない」


らしいです。(笑)


見習おうと思います。

昨日は今年初めての講習会

「そこにしかない上質サロンの創り方 in 東京」

でした。

第一部は私の話でしたが、

はい、写真はありません・・・

人気がないので、誰も撮ってくれないんです。。(涙)

第一部は「経営」の話です。

経営者や、独立を考えてる方、店長など幹部向けの話です。


長期繁栄する強いサロンを創ろうと思ったら、スタッフの個人能力に頼っていてはいけません。(個人能力はもちろん、必要です)

経営者は「経営」をしないと長期繁栄する強いサロンにはならないんです。

まず、サロンの方向性を決める

そうするとポジショニングもターゲットも決まるのでスタッフが働きやすい環境が創れるのです。

そうすれば、やるコト、やらないコトを決めれるんです。


例えばやらないコト

「やりたくない値引きはしない」

こう決めたらいいんですよ。

話した内容は

スタイリストが辞めないサロン創り
スタッフの個人能力に頼らない「経営」

多くの中から選ばれる 「特長」
お客さまに満足してもらう 「サービスの質」
リピート率を上げる 「来る理由」


次回予約のメリット


といった流れで話しました。

ですが、経営者の頭の中だけで決まっていてもスタッフが何をすれば良いのかを示してあげないと、絵に書いた餅で終わってしまいます。

こうすれば

客単価1万円以上
リピート率95%
次回予約率90%

という成果が出るという「カタチ」が必要です。

そう、やるコトを決めてあげるんです。



第二部は群馬の前橋で成果を出してるリーリエの猪熊さんによる「髪質改善ヘアエステ」の実践です。

photo:01




リピートの80%が決まるといって過言ではないカウンセリングから始まります。

photo:02


みなさんで髪質チェックです。

photo:03




最後に参加して頂いた方が一言ずつアウトプットです。



経営者の頭の中にしかないモノはスタッフに伝わりません。

スタイリスト、アシスタント関係なく、スタッフ全員に伝わるように「カタチ」を創ってあげること。

やるコトを決めてあげる。

その集合体が「仕組み」なんです。



その「仕組み」を構築することで、サロン「ブランド化」ができるのです。

講習会に参加して頂いた方、講師の猪熊君、codinoの店長、スタッフさん、会場を提供していただいた小池さん、ありがとうございました。





年始の講習会です。 


東京講習会

        2月5日(火)


大阪講習会 1月28日(月)


        2月25日(月)


沖縄講習会 1月21日(月)



詳細は下記の講習案内を見てください

お問合せ先 reallife0814@gmail.com


担当  河合 知起



客単価、再来率を上げたい、スタッフによる売上の差をなくしたい、サロンをブランディングしたいと思ってるオーナーさん、独立を考えてる美容師さんには、ヒントになると思いますので下記の講習案内をご覧ください

↓ ↓ ↓

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内



全国のそこにしかない上質サロン

経営にお悩みの美容師さん、是非見てください。

そこにしかない部屋

 ↓↓↓

そこにしかない上質サロンの仕組みの部屋

経営に関する部屋


 ↓↓↓

新価値とその仕組みの部屋


ということでAかBをお選びください。


にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

ほんブログ村

B

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ

にほんブログ村


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

美容室・美容院のコンサルティング RealLife

大阪市城東区関目3-15-1 リトルレイク5(1F) 【地図

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□