経営者として一番してはいけないこと コスト編

2012.11.24

REALLIFE

は地域で最も上質なサロンを創りたい方を全力でサポートする会社です。


↑↑↑

(ホームページを見てみたいと思った方は、上の会社名をクリックしてください)



今日はちょっとディープなことを書こうと思います。


経費節減は会社(サロン)を経営するに当たって必要不可欠なことです。

美容室の場合も経費といわれるモノがいつくかあります。

その中で、「材料費」について書こうと思います。

当り前ですが、コストを下げることを意識してる経営者の方は多いと思います。


では、なぜコストを下げるのか?


なぜでしょうか?

・お金を払うのが嫌だから


誰だって払うのが好きな人はいません。ですが、使った分は払ってください (笑)



冗談です。。

では、なぜか?


そう、残るお金を増やしたいから!

残るお金とは 「利益」 (粗利益)

そうです。

多くの利益を出すためなんですよね!



コスト(材料費)を下げることが本質ではなく、利益を増やすことが経営の本質なんですよね!

一番やっちゃいけないことは


単価は上がらず(もしくは下がって)コストが上がること。



これ経営者として一番やったらダメなことなんですよ!!

上からダメな順に並べました。



1 単価が下がって、コストが上がること

2 単価はそのままで、コストが上がること

3 単価はそのままで、コストもそのまま

4 単価はそのままで、コストが下がること

5 単価が上がって、コストが上がること

6 単価が上がって、コストがそのまま

7 単価が上がって、コストが下がること



今、以前と比べて、1や2の状態に陥ってたら危険ですよ!


4と5は逆じゃないの?って思いませんか?

そのあたりも含めて、単価とコストについて詳しく書こうと思いますが、業界の専門的なことになるので、限定記事で書こうと思います。



最後に一言


利益(数字)だけを見て経営するのは良くないと思います。


ですが、売上はお客さまがサロンを必要としてくれるから上がるものです。



売上 = お客さまの評価

利益 = 会社(サロン)発展のために必要なモノ



ですから、経営者は会社存続、発展のために利益を生み続けないといけないのです


会社(サロン)は慈善事業ではありません。

さらなる発展のため、スタッフの環境をより良くしていくためには利益を上げなければいけないのです。




近々の講習会です。


大阪講習会 11月26日(月) 残り3名


東京講習会 12月4日(火)  空きあり


熊本講習会 12月17日(月) 空きあり



詳細は下記の講習案内を見てください

お問合せ先 reallife0814@gmail.com


担当  河合 知起

Facebook

で友達も募集してますので、よろしくお願いします。


経営にお悩みの美容師さん、是非見てください。

そこにしかない部屋

 ↓↓↓


そこにしかない上質サロンの仕組みの部屋

経営に関する部屋

 ↓↓↓

新価値とその仕組みの部屋

客単価、再来率を上げたい、スタッフによる売上の差をなくしたい、サロンをブランディングしたいと思ってるオーナーさん、独立を考えてる美容師さんには、ヒントになると思いますので下記の講習案内をご覧ください

↓ ↓ ↓


そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内



全国のそこにしかない上質サロン

ということでAかBをお選びください。


にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

ほんブログ村

B

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ

にほんブログ村

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

美容室・美容院のコンサルティング RealLife

大阪市城東区関目3-15-1 リトルレイク5(1F) 【地図

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□