ブランドとは

2010.07.30

引き続き「ブランド」について、私の考えを書きたいと思います。

「ブランド」といえば、高級ブランドや、全国チェーンの店などという、高価なものや認知度の高いものだと一般的に考えられてるところがあると思いますが、私の考える「ブランド」と言うものは、それとは少し違います。

 

 

実際、美容業界でブランドサロンと言われる有名店でも、思ったほど一般の方には名前すら知られてないことも多々あると思います。

「ネームバリュー」ではなく、「そこにしかない存在」としてのブランドの構築こそ、今後の繁栄には欠かせないものだと考えてます!

「ブランド」を確立すれば、多くのメリットがあります。

 

そのサービスを求めてくるお客様や、そこで働きたいと思ってくれるスタッフといった『人』が集まってきます。

やりたくない値引きをしなくても、お客様は喜んできてくれたり、金融機関の方からやってきて『お金』を借りてくださいって来てくれます。

 

今まで集めに行ってた『人』・『モノ』・『金』などの経営資源だけでなく、『情報』・『チャンス』なども、集めに行かなくても、向こうから来てくれます!

 

美容室の場合、広範囲での認知度ではなく、その地域での存在感を高めることで『地域でのブランドサロン』と呼ばれる存在になることの方が、大きなメリットになります。

 

ではどうすれば『地域でのブランドサロン』になれるか・・・?

 

次回はそれについて書きたいと思います。