お客さまはどんなふうに美容室を選んでいるか?

2013.03.08

繁栄サロンを創るための経営講習会を開催しています。
・客単価1万円以上
・リピート率95%
・次回予約90%
上記のノウハウをお伝えします。興味があれば下記の講習案内をご覧ください。
  
 
   ↓ ↓ ↓

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内

お問合せ先
 reallife0814@gmail.com
担当 河合 知起
Facebookでも友達を募集してますので、よろしくお願いします。

ボクは美容師ではありません。

ですが、美容室を経営しています。美容師としてではなく経営者として「経営」という観点からのブログを書いてます。

ボクの考えをカタチにしてる美容室です。           ↓↓↓
直営サロン
       gluck

自店の強みはありますか?

昨日こんなことを書きました。
独自性のある美容室になるためには?

いろんな美容室経営者の方とお話ししてても、この強みを明確に持ってる方って少ないんです。
(偉そうにすみません)

まず強みって何なんでしょう?

弱みって何なんでしょう?

自分たちの強みと聞くと

・こだわった技術と薬剤

・アットホームな空間

など、こういう意見を聞くことがあります。

この意見自体は悪くないんです。(ボクならここからもっと掘り下げます)

ただ、ここがポイントなんです。

どこと比べて?

お客さまが美容室を選ぶときに考えることは何だと思いますか?

というか、人がモノを買ったり、店を選ぶときに考えることは何だと思いますか?

いろいろありますが、比べることです

過去の経験(体験)と比べてるんです。

美容室なら今まで行ってた美容室と比べてるんです。

比べて、行きたいなって思った美容室に行くんですよ。

・技術が上手そう

・値段が高いから安心できそう。

・できるだけ安いところがいい。 

・大きいところは落ち着かないから小さいところを探そう

技術、値段、規模などなど。

すべてのお客さまは他店と比べてるんです。

自分を磨くことはすごく重要なことです。
というかプロなら当たり前なんです。
技術だって、誰よりも上手くなりたかったら誰よりも頑張れば良いんです。
他の美容師さんが、月にどれくらいレッスンしてるかを調べて自分と比べてもっと頑張れば良いんです。
自分を磨くなら他人と比べて、それ以上頑張れば良いんです。

自分の成長も過去の自分と比べてのモノなんです。

世の中のほとんどは他人の評価であって、評価は何かと比べられてのモノなんです。

お客さまは他店と比べてることを知ることが必要なんです。

そこに目を向けて、

自店の強み弱みを客観的に分析すること

美容室経営において、まず必要なことは


自店(自分)を知ること

なんですよ。

しかも 客観的に です。

ただ、その客観的にってのが難しいんですよ。

客観的に分析するためにはどうすれば良いのか?

知りたいと思った方はお問い合わせください(笑)
  ↓ ↓ ↓
reallife0814@gmail.com 


長期繁栄するための講習会

3月、4月、5月の講習会のご案内
東京講習会                  
  3月5日(火)     
  4月2日(火)
  5月7日(火)
大阪講習会            
  3月25日(月)   
  4月29日(月)
  5月27日(月)
名古屋講習会    
  3月11日(月)
熊本講習会     
  未定

詳細は下記の講習案内をご覧ください
お問合せ先 reallife0814@gmail.com 
担当  河合 知起 

Facebookにメッセージしてくれても良いです。

客単価、リピート率を上げたいスタッフによる売り上げの差をなくしたいサロンをブランド化したい
などとお考えのサロンオーナーさん、独立を考えてる美容師さんにはヒントになると思いますので興味をお持ちであれば下記の講習案内をご覧ください。

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内

全国のそこにしかない上質サロン

Facebookでの部屋はこちら
 
↓↓↓
そこにしかない上質サロンの部屋 

REAL LIFE
(リアルライフ)は「そこにしかない上質サロン」という考えで、長期繁栄サロンを創りたいという美容師さんを全力で経営サポートする会社です。
  ↑ ↑ ↑
(ホームページを見てみたいと思った方は、上記の会社名をクリックしてください)