美容室経営の課題を解消する仕組み

髪質改善ヘアエステ

「高単価」「高リピート率」「来店サイクルの短縮」を実現。

髪質改善ヘアエステ

美容室経営の収益性と安全性を高めるためには「高単価」「高リピート率」「来店サイクルの短縮」が重要。

1. 高単価

まず「高単価」についてですが、これは一般に行われている「客単価が上がらないこと」を考えることで答えが見えてきます。
施術機会が多いメニューとして「カット」を挙げる美容室も多いかと思いますが、例えばカット単品が4,000円として、このメニューで1人来店すると平均客単価を10,000円にするためにはもう1人16,000円のお客様が必要になります((4,000円+16,000円)÷2人=平均10,000円)。
カット単品が一番多い美容室の場合、平均客単価を10,000円にする場合は16,000円などの比較的高額なメニューも同じ人数のお客様が必要になってしまいます。 つまり、客単価が上がらない1つの原因は「低い客単価のメニューを用意している」ということです。

もう1つ、よくあるケースとしてプラスメニューで客単価を上げようとすることです。
「カット+カラー」が売れ筋の美容室の場合、客単価を上げようとトリートメントやスパを追加しようとしますが、お客様の視点で考えると「どんどんメニューが追加され合計いくらになるの?」や「毎回、追加メニューを案内される」という不安を覚えるかもしれません。
勿論、お客様のためを思った提案で、信頼関係があれば大丈夫ですが、どうしてもスタッフ間で成果の差がでますし、全体的には客単価が上げづらい構造となります。
この原因は「細かなメニューがたくさんある」からです。

価格とメニュー構成は、唯一美容室が決めることができる売上要素です。
つまり、客単価を確実に上げたければ、金額をそれなりの設定とし、スタッフにより客単価にバラツキがでないようにすれば良いのです。

2. 高リピート率

高いリピート率にするためには、お客様に「他の美容室違う」「自分にとって不可欠な美容室」という認識を持っていただき、美容室やスタッフに対して深い信頼・安心感をしていただく必要があります。

このためにはお客様に今まで感じたことの無い価値観と実感をいただく仕組みとメニューを揃えることがポイントになります。

3. 来店サイクルの短縮

お客様に施術の価値をしっかりと理解いただき、且つスタッフのマンパワーや技術レベルに頼らないサービス提供ができれば、お客様の来店サイクルは確実に短縮します。
また、これを支える方法の1つが次回案内ですが、これもお客様に価値を理解いただき、適切な案内ができれば自然と成立します。

このような環境が整えば、どんなスタッフでもお客様から信頼が得られ、実績も上がりますので、スタッフにとっても「唯一無二の存在」になり、結果的に定着率がアップします。

髪質改善ヘアエステは、集客からリピート、そしてスタッフの定着化までを実現する仕組みであり、メニューでもあります。