疑似体験がどれだけ重要なことなのか

2012.12.24

REALLIFE
は地域で最も上質なサロンを創りたい方を全力でサポートする会社です。


↑↑↑

(ホームページを見てみたいと思った方は、上の会社名をクリックしてください)



目で見たこと、体験したことだけからしか物事を考えられない人は危険です!!!





その前に

Facebook
で友達も募集してますので、よろしくお願いします。


客単価、再来率を上げたい、スタッフによる売上の差をなくしたい、サロンをブランディングしたいと思ってるオーナーさん、独立を考えてる美容師さんには、ヒントになると思いますので下記の講習案内をご覧ください

↓ ↓ ↓

そこにしかない上質サロンの創り方 講習会のご案内



今日はクリスマスイヴですね~!

これから大事な人(誰かは内緒・・・)と約束があるのですが、その前にブログを書こうと事務所に寄ろうと歩いてたときの話です。

家から事務所までは歩いて3分くらいなのですが、一方通行ばかりでそんな広くない道路です。

2人の子供達が、自転車で走ってました。

前の子供が道路を駆け抜けました。

で、後ろの子が、左右を見ずにノンブレーキで道路を駆け抜けようとしてました。

前の子が、

「くるま~!!!」

って叫んだので、後ろの子は車に気付いて何とか事故にはならなかったのですが、その子は

「すみませんでした~!」

って軽く言って走り去っていきました。

事故にならなくて良かったです。

この子は、次から道路を横断するときに左右を確認するでしょうか?

たぶん、確認しないと思います。

事故するか、それに近いくらいギリギリの恐怖を味わわないと確認しないように思えました。

僕は車も子供も見てたのでよくわかったんですが、事故にならなかった理由は2つあります。

・前の子が声を掛けた

・車の運転手がしっかり左右確認していた

前の子は自分が駆け抜けた時に車が来てるのが見えたから声を掛けたんです。

車の運転手は1人目の子が駆け抜けるのを見てたんでスピードを落としていたんです。

車の運転手は、自転車の横断が危険だということを知っているんです。

子供は車の運転をしたことがないので、自転車がどれだけ危険か、事故した場合にどれだけの事が起こるか経験がないからわからないんです。

僕は社員に本を読めってよく言います。

なぜかというと、経験してないことでも想像できるようになって欲しいからです。

先人の体験談を読んだり聞いたりすることで、擬似体験できるからです。

見たこと、経験したことからしか物事を考えられない人がどれだけ損をしてるか、危険かは、この自転車の子供からもお分かりいただけると思います。

物事が起こってからではどうしようもないことって多くあります。

ですから、見てないこと、経験したことないことからでも、物事をかんがえらるようにすることってすごく大切なことなんですよね!



さあ、今から大切な人に会いに行ってきま~す!!


男なのは内緒です・・・


年始の講習会です。

東京講習会 1月8日(火)


        2月5日(火)


大阪講習会 1月28日(月)


        2月25日(月)




詳細は下記の講習案内を見てください

お問合せ先 reallife0814@gmail.com


担当  河合 知起

経営にお悩みの美容師さん、是非見てください。

そこにしかない部屋

 ↓↓↓

そこにしかない上質サロンの仕組みの部屋

経営に関する部屋


 ↓↓↓

新価値とその仕組みの部屋





全国のそこにしかない上質サロン


ということでAかBをお選びください。


にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

ほんブログ村

B

にほんブログ村 美容ブログ 隠れ家サロンへ

にほんブログ村


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

美容室・美容院のコンサルティング RealLife

大阪市城東区関目3-15-1 リトルレイク5(1F) 【地図

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□