客単価を考える

2012.03.13

サロンさんの課題として「客単価を上げたい」ということをよく聞きます。


客単価について思ってることを書こうと思います。


結論を先に言います。



客単価は上げるモノではなく決めるモノです!!



以前単価についての考えを書いたブログです。

http://ameblo.jp/real-life21/entry-10656858739.html

客単価が6,000円のサロンさんが、将来的には10,000円にしたい!


そのためにまず頑張って8,000円に上げていき次のステップで10,000円にする!


で何をするかをミーティングなどで考えて


トリートメントやスパを提案して単価UPしよう!



こういうことをやったことないですか??



間違いではないですが、果たして単価UPにつながったのでしょうか?


もちろん少しは上がったことでしょうが、多くは


キャリアのあるスタイリストは上がったがキャリアの浅いスタイリストは上がらない。


こういう結果になったんじゃないでしょうか?



頑張ってもこういう結果になることって多いんです。


今まで頑張ってなかったわけじゃなく、今までだって頑張ってたはずなんですから!


そこにさらに頑張ってやっても無理があるんです。


頑張るのは決して悪いわけではないんですが、単価を上げるには頑張りではなく仕組みがあるかどうかなんです。


仕組みによって、スタイリストの頑張りや、能力・キャリアによって上下するのではなく、誰がやっても同じ(狙った)単価になるようにしてあげることが単価UPの秘訣なんです!



うちのサロンは店長でもスタイリストになりたての子でも、季節に関係なく、年中通して技術単価は約11,000円です。


11,000円が高いか低いかではなく、狙った単価になってるかどうかなんです。




単価は頑張って上げるモノではなく、決めるモノなんです!!


次回はうちのサロンのデータをもとに単価について少し掘り下げて書いてみようと思います。







□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

美容室・美容院のコンサルティング RealLife

大阪市城東区関目3-15-1 リトルレイク5(1F) 【地図

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□